大田区のおすすめの旅館

大田区のおすすめの旅館 - 大田区の旅館

大田区の旅館

大田区のおすすめの旅館

東京都の大田区は羽田空港があるため、国内だけでなく海外との交通の要所になっている。

そのため、観光としての旅館やホテルだけでなく、ビジネスマンが利用しやすいビジネスホテルや格安ホテルなども軒を連ねている。特に蒲田は大田区の中心地域で、その歴史は非常に古いものである。

特に蒲田は、都内では珍しく温泉施設が密集しており、温泉施設に併設して旅館が作られている施設が数多く見られる。
この温泉の中には銭湯と変わらない料金で入浴できる温泉もあり、東京都内にいながら温泉気分を味わえる地域として人気を博している。

【スポンサーサイト】


また、温泉の特長は、黒湯とも呼ばれる黒褐色の温泉で美容効果や健康効果はもちろん、長時間にわたって芯まで温まるのが特徴だ。
黒褐色の原因は、フミン酸という有機物が含まれることで原因でアルカリ性の湯質になり、そのため、肌がすべすべになるため、「美人の湯」とも呼ばれるそう。

黒湯が楽しめる有名なホテルは、蒲田駅南口の目の前にある『蒲田黒湯温泉ホテル末広』などが有名で、無線LANをロビーで開放しており、全客室もLANポート完備なので、ビジネス利用にも最適だ。昼は仕事でホテルに帰ったら温泉というのも非常にいいのではないだろうか。



さらに、交通の要所になっている大田区の蒲田地域は、ビジネスホテルや格安ホテル、カプセルホテルなどを中心とした旅館・ホテルが密集しており、多くのビジネスマンに利用されている。

例えば、蒲田駅前にある有名なホテルや旅館では、特に駅から近いところで、三井ガーデンホテル蒲田、ビジネスホテルソーシャル蒲田、グランパークホテルパネックス東京、ビジネスホテルオーク・イン3蒲田、R&Bホテル蒲田東口、ホテルアーバイン蒲田アネックスなどがあり東横インにいたっては3箇所もあり、まさにビジネスホテル激戦区といえるだろう。

また、羽田空港があるためか、外国人の滞在も非常に多いのだが、そんな海外の人に人気の宿が「旅館観月」だ。
創業は昭和4年であり、東京都心の住宅地にありながら、400坪ある敷地の半分を庭が占められているという和風旅館で値段も安く、古い屋敷を利用した部屋や庭などは日本独特の旅館で、離れなどもありカフェスペースやリビング、また、野外にも雑木林に休憩場所があるなど日本人よりも外国人が好む宿だった。和室中心のデザイナーズ旅館としてIT設備も充実させて頑張っていたようだったが、残念ながら、今は閉店となってしまった。

そんなビジネスホテル・旅館の激戦区で個人的なお勧めは、『マイステイズイン蒲田』だ。
客室自体は決して広くはないが、2009年オープンということで設備も新しく、今どきのモダンなデザインで比較的清潔感もある客室、駅から5分程度で薬局やコンビニ、深夜営業もしているスーパーなど利便性も抜群。
無料のコーヒーなども提供されている。
それでいて値段も比較的安いため、ビジネスマンや格安で都内を旅行したい旅行者にも人気で、リピーターや長期滞在者などがとても多いのが特徴だ。



2010年、羽田空港(東京国際空港)に国際線ターミナルができ、今まで以上に人が行き来する町になるだろう。
そんな中で時代の流れに合わせてどんどん変化していくだろう。
【スポンサーサイト】