蒲田のおすすめスポット

蒲田のおすすめスポット - 大田区の旅館

大田区の旅館
【Sponsored Links】

蒲田のおすすめスポット



東京都大田区の蒲田の有名な施設には、蒲田温泉をはじめ、羽田空港 国際線旅客ターミナル、萩中公園プール、大本山池上本門寺など実に多くのおすすめスポットが存在するのはあまり知られていない。

その中でも特に有名なのが、蒲田温泉街ではないだろうか。
蒲田温泉街は、実に長い歴史を誇っており、遡ると大正時代にまでその歴史は続いている。
特に割烹旅館である『観月』はその代表的な老舗温泉施設である。
格安の旅館やビジネスホテルなどが立ち並ぶ温泉街のような場所であるが、モダンと歴史が入り混じる何とも魅力的な地域である。。

蒲田ホテル旅館と呼ばれる温泉旅館一帯には、ビジネスホテル大和、ホテルみひろなどが立ち並び、連日賑わいを見せている。
都心や羽田空港国際線ターミナルからも電車を使えば15分程度というアクセスの良さから、連日実に多くのビジネスマンに利用されている。
ビジネスマンが多いためか、どこのホテルには無線LANが常時繋がっており、インターネット環境は非常に整っていると言ってよい。



またこの温泉街の泉質の特徴として、「黒湯」と呼ばれる黒、または褐色のお湯が挙げられる。
黒湯とは植物性の有機物(モール)が多く含まれることに起因するお湯で、この東京都大田区蒲田地区はこの黒湯温泉で有名なのである。

元来、この蒲田を中心とする地域の銭湯や、日帰り入浴をなどの温泉施設の俗称を黒湯と呼んでたが、近年採掘が進み、蒲田地区以外でも温泉の掘削数が増えたり、似たような泉質の温泉が江東区や港区、台東区、横浜市、相模原市などでも見られるようになってしまい、今ではそれををまとめて「黒湯」と総称している場合が多い。
この黒湯は2種類存在しており、その大半は植物性の有機物が多く含まれる。