旅館の豆知識

旅館の豆知識 - 大田区の旅館

大田区の旅館
【Sponsored Links】

旅館の豆知識



旅館に来たからには、非日常的で有意義な時間を過ごしたいものですよね。
旅館業法によると、(主に和室の)客室が5部屋以上の宿泊施設を旅館といいます。
さらに、踏込みや床の間が必要とされていて、日本間としての調和が求められています。

まず旅館選びは、雑誌やランキングや口コミを参考にしながら自分の好みの旅館を絞り出していきます。
小規模な部屋しか用意せずに、おもてなしを隅々まで行う旅館も多く、すぐに満室になってしまう事も少なくありません。
パソコンなどを使って満室でも、4日前の午前中にもう一度電話をかけてキャンセルが出ていないか確認してみましょう。

これは、キャンセル料が発生するのが3日前から多いためです。
キャンセル料発生前ギリギリにキャンセルが出た後に、旅館側が空室案内を出す前に予約を取ってしまおうという作戦です。
意外と予約できることがあります。



赤ちゃんがいる方が旅館を利用する場合、あらかじめ赤ちゃんがいる事を伝えたり、ポットや赤ちゃんグッズはあるかどうか聞いておくと、部屋に用意をしてくれるのでよいでしょう。

また、旅館でのマナーも存在します。
ホテルなどと違い、旅館は仲居さんなどが細かな接客をしてくれるため、「日本のおもてなし精神」をしっかり堪能することができます。
現在はあまり心付けといったチップのようなものを渡すことは少なくなりましたが、小さな子供がいたり、料金プランにはなかったようなサービスを受けた時には、仲居さんが退室する際に渡しておくとよいでしょう。

3000円程で十分ですので、点袋やティッシュなどに包んで、人目を避けて渡すようにしましょう。
このような旅館の豆知識を知ることで、スマートなお客様として有意義な時間を過ごしましょう。