大田区には温泉がある

大田区には温泉がある - 大田区の旅館

大田区の旅館
【Sponsored Links】

大田区には温泉がある

東京都の大田区には蒲田という地域があり、実に多くの温泉、ホテル、旅館が存在する。



特に蒲田ホテル旅館が有名で組合に属しているホテルや旅館を挙げると、ホテルAMI、ザ・カナーンホテル、ホテル白鳥、ホテルニューアリスなど、ホテルながらとなんと20近いホテルが存在する。
羽田空港に近いというロケーションということもあり、連日多くのビジネスマンが利用するリーズナブルな温泉地としても有名である。

また東京都内にいながら温泉気分を味えることから週末にはおおくの家族連れが見られる。
大田区に温泉が出来始めたのは大正時代のことであり、日本画家として有名な横山大観も大田区の温泉をよく利用していたという。
また、その最高のロケーションから映画の撮影に使われることも多いようだ。



この温泉街の泉質の特徴として、「黒湯」が挙げられる。
黒湯とは主に湯の色が黒色、または黒褐色をした源泉を指しており、この東京都大田区蒲田地区は黒湯温泉で有名である。
元々この蒲田地域の銭湯や日帰り入浴施設を含む温泉の俗称を黒湯と呼んでたが、蒲田地区以外の温泉の掘削数が増えたり、同じような泉質の温泉が台東区や板橋区、墨田区、多摩地区、横浜市、相模原市などでも見られるようになったため、今ではその黒湯がそのまま転用される場合がある。
この黒湯であるが、タイプとしては2種類存在し、その大半は植物性の有機物が多く含まれることに起因する。